布地の種類にこだわろう

自分で洋服を作ったり、手芸が趣味の人は布選びにこだわりを持っている人が多いです。どんなものを作るかで使用する布を変えないと仕上がりに違和感が出たり、使いにくいものができあがってしまうからです。また、布地の他にも布地のデザインも重視している人が多いようです。では、人気な模様は何でしょうか?ランキングを作ってみました。

服飾が趣味の人に聞いた!人気の布地のデザインランキング

no.1

ギンガムチェック

ギンガムチェックはデザインの中でも使いやすく、小物以外にも服を作る時にも使いやすいです。また、色数も豊富なので色んな組み合わせができるのも人気の理由です。なので1位にしました。

no.2

ドット柄

ドット柄もギンガムチェックと同じく人気の布地です。大きなドットや小さなドットと丸の大きさが違う事でデザインの雰囲気も変わります。ですが、ギンガムチェックよりも人気が落ちるので2位になりました。

no.3

花柄

花柄もイラスト風のものや写実的なものなど色んな種類があります。ですが、小物と合わせたり服を作る時に合わせ方によっては花柄が浮いてしまう可能性があります。なので、ギンガムチェックやドットよりも人気度が下がり3位になりました。

生地の素材の種類

布

柄以外にも生地には素材があります。有名な素材としてはコットン、ポリエステル、ウール、シルク、リネン、ナイロンなどがあります。コットンは別名木綿とも言います。通気性が良く肌触りも良いのでほとんどの洋服にはこの繊維が入っています。また生地も丈夫なので長く使う事ができます。ポリエステルも洋服の素材として多く使われています。ポリエステルの良さは、シワができにくく洋服の型崩れがしにくいので服がよれにくく長く使う事ができます。温度が高くても耐えられるので、アイロンを使っても色が消えたり崩れたりしません。ですが、高すぎる温度でのアイロンは逆に良くないので温度設定には気をつけましょう。

布選びをする時の注目ポイント

布

布地を買う場合、手芸屋さんでの購入がおすすめです。手芸屋さんには手芸に必要なたくさんの素材や布を取り扱っています。ですが、膨大なデザインや布地の中からお気に入りのを選ぶのは難しいです。手芸を初めて行う人は尚更だと思います。まずはどんな物を作るのか明確にしておきましょう。そして、そこから必要な布の長さを計算します。手芸をする人はまず本やサイトを見て作る人が多いですよね?作り方が書かれている本やサイトには布の長さが記載されている事が多いです。そこをチェックしておきましょう。長さや作るものが決まったら素材のデザインや生地の織り方、ブランドメーカーから選ぶと布地選びに失敗する事が減りますよ。

広告募集中